2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
ブックマークに追加する [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

じゅげむ 

旦那が昨日、カボチャと大根の煮物を作ってくれた。
カボチャには大根の苦味、大根にはカボチャの甘みが…不思議な味がした。
カボチャと大根が大好きな息子達にも不評でした。


落語絵本 じゅげむ落語絵本 じゅげむ
川端誠/作
初版:1998/03
出版社:クレヨンハウス
サイズ:31×22cm 24ページ
対象年齢: 9 - 12歳


落語でもっともポピュラーな「じゅげむ」が、表情豊かに生まれ変わりました。絵を楽しみながら、子どもたちと一緒に、ハイ! 「じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょ、すいぎょうまつ、うんらいまつ、ふうらいまつ……」。子どもからお年よりまで、幅広く楽しめます。(作品紹介より)

寿限無 寿限無 五劫の摺切 海砂利水魚 水行末 雲来末 風来末 食う寝る処に住む処 藪ら柑子に藪柑子 パイポパイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイの ポンポコピーの ポンポコナーの 長久命の 長助

なんかコレ↑を覚えたいらしい長男。
「グーリンガンのポンポコピーのポンポコピーの長助!」
とか言って頑張っているが違うぜ(;´∀`)


命名…悩みますよね。
いい意味のある字であることは必須。響きがよく、呼びやすく、読みやすく、書きやすく。そして苗字とのバランスじゃん、出来れば字画もよい方がいい。あと、知り合いとかぶらないようにしなければならんし。じゃ、人とは違った名前を!と張り切りすぎると(/∇≦\)アチャーな名前になり、子供が将来改名する確率高しになるし。他にも色々ありますよねー、疲れる。
ウチの息子の名前は二人とも私が考えたのですがマジ草臥れた。もうゴメンですね、子供の名づけをすることはもうないと思うが。
この落語絵本シリーズ、私のお気に入りは『めぐろのさんま』『おにのめん』です。

◆川端誠 かわばた まこと
1952年生まれ。出版社ごとにテーマや表現方法をかえて、多様な世界を展開している。『鳥の島』『森の木』『ぴかぴかぷつん』『風来坊シリーズ』(BL出版)など著作多数。絵本作家ならではのユニークな絵本解説も好評。落語絵本は『ばけものつかい』『まんじゅうこわい』『はつてんじん』『じゅげむ』『おにのめん』『めぐろのさんま』『たのきゅう』『いちがんこく』『そばせい』(いずれもクレヨンハウス)

落語絵ばなし
落語絵ばなし
じゅげむ
じゅげむ
NHK 「にほんごであそぼ」 じゅげむ編
NHK 「にほんごであそぼ」 じゅげむ編

タグ: 
スポンサーサイト
関連タグ: 絵本
ブックマークに追加する [ 2007/03/25 16:57 ] 本・絵本 | CM(10) | TB(0)
私も、小学生の頃、『コレ』覚えましたー(笑)
兄さんに先越されて、ほんとに悔しかったっけ・・・
妹相手に本気出すんじゃない、兄よ!!
最近はめずらしい名前の子供、多いですよね~。
何て読むの?!みたいな。
子供相手の、名前を呼ばなきゃいけないバイトを
してたので、読めなかった子にはとても
申し訳ない気分になっちゃいます。。。
思いつく親御さん、すごい!と思います。
2007/03/25 09:00 | さん | 編集
じゅげむの絵本は見たことないけど…全部は言えないんだよね↓↓
覚えれない…よみたさんは覚えたことあるんですか?
最後は名前で終わるのが不思議でたまらなかったです…
小さい頃って漢字難しいのばっかりだったからごちゃごちゃしてて
訳がわからなかったもんですよ~…
旦那さんが作ってくれたカボチャと大根の煮物♪
甘みと苦さのコラボレーション?だったんですかね…
でも不思議な味って書いてますが書き表しにくそうですね…
でも美味しいんでしょうね~その人しか作れない味ですから♪
2007/03/25 13:41 | さん | 編集
覚えましたなあ~w
小学生の頃、寄席に連れて行って貰って…
本気で落語家さんになりたくてねぇw
今でも落語は大好きですwハイ!
2007/03/25 14:10 | さん | 編集
ゆいさん、こんにちはー
おおっ!覚えましたかー。
兄の体面にかかわると本気になってしまったのかな(´▽`*)
私も子供の頃は4つも下の弟に手加減しなかったです。
はい、個性出しすぎですよねー。
読めない名前でも
へぇーなるほど!と親御さんの知性を感じる名前はステキですが
夜露死苦系は……読めるわけないじゃん
漢字が難しいのか、自分の子供の名前書けない人を見たことあります。
ひらがなかカタカナにしとけばいいのに…。
2007/03/26 01:30 | さん | 編集
千尋さん、こんにちはー
はい、確かに。漢字がズラズラーっと長いですし、難しいと思っちゃうとね。
私は子供に何度も読んだり、TVでもやっているのでいつの間にか覚えてしまいました。
子供の頃は覚えようと思わなかったので、そういう思い出はなくて…ちと寂しい。
カボチャと大根の煮物。
コラボ…うん、コラボそんな感じ?
火がとおりもよく、しみしみでした。
美味しい部分とそうではない部分があって…
はい、よくわかりましたね。どう表現していいか(;´∀`)
2007/03/26 01:31 | さん | 編集
ぷらすのさん、こんにちはー
まぁ!寄席ですか!いいなぁ。
今も行かれたりするのかしら(´▽`*)
私のじゅげむとの出会いは子供の頃。何気なくTVをつけたらやってました。
その頃って落語の面白さはわからなかったのですが、「じゅげむ」と「まんじゅうこわい」は別でした。
2007/03/26 01:32 | さん | 編集
ご無沙汰してます(^^;
カボチャと大根は相性がよくないのですね ><
じゅげむの絵本があったとは!
子供がいないので名前はつけたことはありませんが、
一生ものなので、真剣になるでしょうね。☆
2007/03/26 11:52 | さん | 編集
はじめまして。お邪魔します。
4/25に「五代目柳家小さん師匠の 落語絵ばなし」というDVDを発売します。
落語界初の人間国宝となった五代目柳家小さん師匠の口演に、
日本昔話風のアニメ画をつけたものです。
絵がついたことで非常に親しみやすく落語に入っていけますので、
五代目柳家小さん師匠の国宝の語りを、
子供さんからお年寄りまでご家族で楽しんで頂ける1枚です。
師匠の孫である柳家花緑氏の監修です。
おかげさまで好評予約受付中です。
http://rakugoebanashi.com/
是非一度ご覧頂ければ幸いです。
2007/03/26 16:19 | さん | 編集
ヤシガン!さん、こんにちはー
ご無沙汰しております。どうしたのかと思いましたよ。
レシピを見て作ったそうなんで相性は悪くなさそうなので、何かを間違えたようです。
子供の頃から落語に馴染めるなんて幸せですよね。勢いで全部集めてしまいました|゚∀゚)ゝ”
名づけは、それは真剣に真剣になりましたが、息子二人とも普通の名前です。
2007/03/27 01:09 | さん | 編集
TMC 伊藤様、どうも初めまして!
こんな場所に来ていただけるなんて大変嬉しく思います。
ナント!DVDがあるとは!
メディアの影響なのでしょうか、子供たちの間で落語が流行っていますね。
柳家小さん師匠は、私の大好きな方です。
息子たちにも是非、優しく面白い語りを聞かせてみたいです。
ステキな情報を有難う御座いました。
2007/03/27 01:11 | さん | 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。