2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
ブックマークに追加する [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ぶたぶたくんのおかいもの 

小さい頃の話。ある日のおつかいの途中、近所に住む同じ年のHに会い、ソイツに「100エンあげる」と言われた。母に絶対怒られると思ったので断ったのだが、シツコク受け取れと通せんぼされた。だから突き飛ばした。そしたら地面に100エンを置いてHは去っていった。私はその気味悪い100エンを下水に捨て、その後は普通に買い物をして家に帰り、母に100エンのことは報告しなかった。
…なんだかどうでもいいようなことをこの絵本を見て思い出した。


ぶたぶたくんのおかいものぶたぶたくんのおかいもの
こどものとも傑作集

土方久功作・絵
出版社:福音館書店
ページ数: 28
サイズ: 20X27cm
初版:1985/02/28
読んであげるなら:3歳~
自分で読むなら:小学校低学年~


歩くときも、そうでないときも、よく大きな声や小さな声で ぶたぶた ぶたぶた という癖があるので、いつの間にか皆に ぶたぶたくんと呼ばれるようになったぶたぶたくん。
お母さんまでが自分でつけた名前を忘れてしまい ぶたぶたくん と呼ぶんだから、他の名前はなくなってしまったのさ。
そんなぶたぶたくんがお母さんに頼まれ初めてのお買い物。道中、お友達のカラスのかあこちゃんとこぐまくんに会い、3人で楽しくお買い物をして家路に着くまでが描かれてます。
初めてのおつかいで誰もが感じるであろう不安や期待が上手に表現されていてとてもいい絵本だと思うのですが、長男はブタの絵を怖がって嫌がります。



タグ:  
スポンサーサイト
関連タグ: 絵本
ブックマークに追加する [ 2006/07/14 07:30 ] 本・絵本 | CM(0) | TB(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。